【PR】当サイトでは広告を掲載しています

口コミは悪い?ConoHa Wing(コノハウィング)を使ってみて感じたメリットやデメリットを紹介

口コミの良かったConoHa Wing(コノハウィング)を使ってみて感じたメリットやデメリットを紹介 ConoHa Wing(コノハウイング)

評判の良かった「ConoHa Wing」をいくつかのサイトで利用しているのですが、実際に感じているメリット・デメリットについて紹介していきます。

個人的にエックスサーバー、ロリポップ、mixhost、シンレンタルサーバーも利用しているため、使用感の違いなども解説していきます。

当サイトの「割引特典リンク」からコノハウィングのWINGパック12ヶ月以上の申込みすると5,000円割引が適用されます。既存のキャンペーンも一緒に適用されるので断然お得です。

↓割引特典リンクからの申し込みでキャンペーン価格からさらに5,000円割引されます。
ConoHa Wing割引後の価格2

5,000円割引特典あり
当サイトからの申込みがお得!
【特典付】ConoHa Wing申し込み方法とWordPressブログの始め方まとめ【超初心者向け】
大人気のレンタルサーバーConoHa WingでのWordPressブログの始め...
著作者情報
この記事を書いた人

WEBエンジニア11年目。これまでに100を超えるサイトの立ち上げや運営に携わり、2017年に法人化。カスタマイズ、ツール作成、サイト移転まで何でもこなすエキスパート。

ConoHa Wingを使ってみて感じたメリット

先にConoHa Wingを利用して感じたメリットを紹介していきます。

メリット1.WINGパックが便利でお得

ConoHa Wingには2つの料金タイプがあります。

  • 通常料金:2.5 円/時(1ヶ月最大1,452円)
  • Wingパック:長期利用割引プラン

ConoHa Wingの「WINGパック」は、レンタルサーバーと独自ドメインがセットになった長期利用割引プランです。

wingパックのメリット

WINGパックだと長期で契約するほど割引率が高くなります。

ConoHa Wing料金1
※上図は12ヶ月契約の場合の割引き

  • サーバーとドメインがセット(セットなので管理が楽)
  • 「かんたんセットアップ」で申し込みと同時にすぐにWordPressが始められる
  • 独自ドメインが永久無料(WINGパック継続の間はドメインの更新料金が0円)
  • 契約期間の長さに応じて割引

というメリットがあります。

メリット2.初心者でも使いやすく困らない

先程Wingパックの所でも紹介しましたが、ConoHa WingのWingパックなら「かんたんセットアップ」が利用できます。

通常WordPressでブログを始める場合には以下のような手順が必要です。

  • レンタルサーバーへの申込み
  • ドメインの取得
  • ドメインの設定やDNSの設定
  • WordPressのインストール

ConoHa Wingのかんたんセットアップであれば上記の工程がほぼ省略する事ができるので、初心者の方でも迷う部分がありません

10分程度でサーバー契約・ドメイン契約・サーバーとドメインの紐付け・WordPress設置まで全部終わってしまうので本当に簡単です。

MEMO

他のサーバーでも同じ機能があります。

  • エックスサーバー:クイックスタート
  • ロリポップ:同時インストール
  • mixhost:クイックスタート
  • ConoHa Wing:かんたんセットアップ

などなど、それぞれ名前は違いますが、同じ機能です。

また、サーバーの管理画面は非常にシンプルで使いやすいというメリットもあります。

ConoHa Wingコントロールパネル_サーバー管理

簡単にWordPressを始められる「かんたんセットアップ」、ドメインとセットになったWINGパックなど初心者の方に分かりやすい機能が多いのがメリットです。

メリット3.学生さんや教職員の方は学割が使える

学生さん・教職員の方であれば学割が利用できます。

ConoHa Wingの料金支払には「ConoHaカード」というのが使えるのですが、このConoHaカードは学割があります。

ConoHa学割

ConoHa学割では、ConoHaカード等の対象商品を学割クーポン利用で10%OFFで購入できます

メリット4.表示速度が早い

サーバー処理速度NO.1を謳うConoHa Wingだけあって表示速度は早いです。

WordPressの管理画面も執筆もサクサクでストレスはありません。

表示速度が遅いと、ユーザーがサイト表示前に離脱してしまいますし、2、3秒の表示速度が売上に大きな影響を与えます。

また、サイトの表示速度は検索順位にも影響する部分なので高速なサーバーが必須です。

同じように高速なサーバーとしては「エックスサーバー」、「ロリポップのベーシックプラン」などもおすすめです。

メリット5.キャンペーンで永久無料の独自ドメインがもらえる

ConoHa Wingキャンペーン7月11日まで

ConoHa Wingでは毎回独自ドメインが2つ永久無料で利用できるキャンペーンをやっています。

通常独自ドメインは取得時に取得費用がかかりますし、1年ごとに更新費用がかかります。

↓取得費用と更新費用の例
ドメイン取得費用

つまり独自ドメインを利用している間は「毎年」ドメインの費用がかかります。

なのでドメインの料金が永久無料のキャンペーンというのは長期で利用すればするほどお得になります。

2024年現在、国内電気料金高騰、為替変動などでドメインの価格も上がってきていますので、永久無料の独自ドメインがあれば毎年のドメイン費用を抑えることができます。

「ドメインプレゼントキャンペーンでデメリットはないんですか?」

とよく質問受けるのですが、デメリットはありません。

ただ、無料で利用できるのはそのレンタルサーバーを利用している間です。

サーバー解約した後も同じドメインを利用したいという場合は更新費用などは自分で払う必要がありますので、長期で利用できるレンタルサーバーを選ぶことをおすすめします。

同じように永久無料の独自ドメインがもらえるサーバーとしては「エックスサーバー」「ロリポップのベーシックプラン」などがあります。

ConoHa Wing利用して感じたデメリット

ConoHa Wingをしていて実際に感じたデメリットをまとめてみました。

それぞれ紹介していきます。

デメリット1.無料体験(お試し)期間がない

ConoHa Wingではお試し期間がありません。

(例)

ConoHa Wingは無料のお試し期間はないですが、最低利用期間はなく1時間単位の料金体系なので、例えばベーシックプランなら1時間2.2円~。

使った分だけの料金しかかからないですし、初期費用もかからないので特に大きなデメリットではないかなと思います。

ただ、WINGパックで長期契約していて解約したくなった場合に返金などがないので注意です

デメリット2.サーバーの管理画面が重い(遅い)

サイトの表示速度は早いですし、WordPressの管理画面もサクサクです。

ただ、ConoHa Wingの管理画面が重い(遅い)ことが多いです。

料金の確認・支払いや、ドメインの追加、新規WordPressのインストールなど普段はあまり利用することはないので良いのですが、使う時はややストレスを感じます。

デメリット3.WAF(ファイアーウォール)がききすぎる

WAFは簡単にいうとセキュリティーのバリアみたいなものですが、これの判定が厳しくて時々正常なものもブロックしてしまうというイメージでOKです。

例えばプラグインの設定、テーマの設定などでエラーがでる場合に一時的にWAFの解除が必要になる場合があります。

実際にSNSで検索してみても以下のような意見がありました。

・コノハはセキュリティに癖があるみたいでいろんな設定を失敗します。その時はWAFを一時的にオフにするとうまくいきます!

・アドセンス申請→合格後の一連の流れで、ことごとくConoHa WINGのWAF (Webアプリケーションファイアウォール)が邪魔をしてくる。

・初心者だから、WAFが原因だとたどり着くまでにそこそこ時間かかるの

最初から分かっていればすぐに対処可能ですが、初心者にとってはちょっと困るかな?と思います。

デメリット4.SSL証明関係のエラーが起きることがある

SSL(http通信の暗号化)に関して不具合が発生することがあるようです。

SSL証明書というのが通常は自動更新されるのですが、自動更新されないエラーが起きることがありました。

SSL証明書の自動更新ができずに期限を過ぎてしまうと、サイトが表示されなくなる場合もあります

こちらもSNSで同じような意見の方がいましたので個人的なトラブルではないようです。

・ConoHa WING でSSL証明書のエラーが起きてる模様。SSL証明書がないと
「接続はプライベートではありません」が表示されるので影響は大きいです。

・コノハSSL更新で不具合出てるけどこちらでできる対処はなし。

MEMO

追記:現在は公式から対処方法が公開されてます。

「無料独自SSL」の利用設定を一度「OFF」にし、数分待ってから再度「ON」にすることで対処できます。

デメリット5.料金に10%程度のサービス維持費が上乗せされている

コスパが良いと言われることが多いConoHa Wingですが、2023 年 2月1日以降「サービス維持費」が別途上乗せされることになりました。

昨今の急激な国内電気料金高騰、為替変動、世界的な半導体不足などの背景をふまえ、コスト削減に取り組み、ご提供価格の維持に努めてまいりましたが、自助努力だけではコスト増を吸収できない状況となりました。

つきましては、不本意ではございますが、サービス品質の維持および向上を目的として、 ConoHaにて提供している各種サービスにおきまして、2023年2月1日以降の新規ご契約・契約更新で発生するご請求に対し、10%の「サービス維持調整費」をご請求させていただきます。
参考:「サービス維持調整費」についてのご案内|ConoHa

もう少し安いサーバーが良いという場合は国内シェアNO.1の「エックスサーバー」もコスパ良いです。

ConoHa Wingエックスサーバー
価格※初期費用無料
3ヶ月:1,331円
6ヶ月:1,210円
12ヶ月:941円
24ヶ月:889円
36ヶ月:678円
※53%OFFキャンペーン中!
※サービス維持費10%が含まれています。
※初期費用無料
3ヶ月:1,320円
6ヶ月:1,210円
12ヶ月:880円
24ヶ月:783円
36ヶ月:693円
※30%OFFキャンペーン中
ディスク容量300GB(SSD)300GB(NVMe
vCPU/メモリ非公開AMD EPYC(第4世代Milan)
vCPU256コア/1536GB
割当vCPU/メモリ6コア/8GB6コア/8GB
リソース保証
WebサーバーApache + nginxnginx
データベース(MySQL)無制限無制限
自動バックアップ過去14日分過去14日分
「WordPressリカバリー」機能あり
サーバーの転送量無制限無制限
WordPressの始めやすさかんたんセットアップクイックスタート
サポートまる二重まる
割引特典付リンク【5,000円割引】ConoHa Wing招待リンクはこちら【最大10,000円割引】エックスサーバーの招待リンクはこちら

スペックも料金も申し分なく、長年の実績があるエックスサーバーは個人的にもおすすめです。

当サイトからエックスサーバーへ申込みすると最大10,000円割引が適用されます。実施中のキャンペーンも一緒に適用されるので断然お得です。
最大10,000円割引特典あり
当サイトからの申込みがお得!
【比較】ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーはどっちがおすすめ?何を比較したらいい?
レンタルサーバーでConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーで迷...

デメリット6.土日祝日はサポート対応がない

ConoHa Wingのサポートは平日の対応は可能ですが、土日祝日のサポートがありませんので、その間に問題が発生すると復旧に時間かかる場合があります。

特に年末や夏季休業など連休のある時に障害などが発生すると復旧に時間がかかりますし、サポートへの問い合わせも返信が来ません。

Q:サポート時間を教えてください。

A:ConoHaのサポートはメール、電話、チャットの3つになります。

・メール:平日10:00~18:00
 ※平日10:00~18:00に順次ご案内いたします。
 ※お問い合わせは24時間受け付けております。

・電話:平日10:00~18:00

・チャット:平日10:00~18:00

よくある質問サポートについて|ConoHa Wing

この辺がサポートの良いエックスサーバーと迷う部分です。

ConoHa Wingのサービス開始は2018年09月。

まだ数年の実績しかないというのが1つデメリットになっている印象ですが、今後トラブルなどもグッと減ってくると思われます。

必ずしも運営が長ければ安心という訳ではないですが、運営が長く大きなトラブルのないサーバーは安心感があります。

サーバーのよく分からないトラブルは避けたいって方は安心・安定の「エックスサーバー」を選ぶのもあり。

ちなみに当サイトからエックスサーバーへ申込みすると最大10,000円割引が適用されます。実施中のキャンペーンも一緒に適用されるので断然お得です。
最大10,000円割引特典あり
当サイトからの申込みがお得!
【特典付】エックスサーバーの申し込み方法と使い方。WordPressを始める全手順も紹介
2024年版のエックスサーバーの契約・申込み方とWordPressを始める全手順...

デメリット7.アダルトサイト関連のサイトやコンテンツの運用はできない

ConoHa Wingではアダルトサイトの運用はできません。

ConoHa Wing禁止コンテンツ
参考:第21条 (禁止行為)|ConoHa Wing

わいせつ、児童ポルノ若しくは児童虐待に相当する画像、映像、音声若しくは文書等を送信又は表示する行為が禁止となっています。

規約違反でのサービス停止などは一番怖いので、アダルトサイトでなくても、そいういうものを連想させるような画像・動画・アフィリエイト広告などの使用も避けた方が良いでしょう

アダルト関連や出会い系の画像・広告なども使うかもという方はアダルトサイト運用がOKのレンタルサーバーを選ぶようにしてください。

安くておすすめ!アダルトサイトも運営できるレンタルサーバー
レンタルサーバーの利用規約によってアダルトコンテンツが禁止されているサーバーが多...

ConoHa Wingのメリット・デメリットまとめ

■メリット

  • WINGパックが便利でお得
  • 初心者でも使いやすく困らない
  • 学生さんや教職員の方は学割が利用できる
  • 表示速度が早い
  • キャンペーンで永久無料の独自ドメインがもらえる

■デメリット

  • 無料の体験期間がない
  • WAFがききすぎる
  • SSL証明関係のエラーがでることがある
  • 他のサーバーと比較して料金は安いわけではない
  • 土日祝日はサポートがない
  • アダルト関連の画像や動画、広告は禁止

という感じになりました。

ConoHa Wingは表示速度も早くて使いやすいですが、サポート面でちょっと心配な部分もあります。

個人的にはエックスサーバーをおすすめしているのですが、比較記事も書いてますので、こちらも参考にしてみてください。

【比較】ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーはどっちがおすすめ?何を比較したらいい?
レンタルサーバーでConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーで迷...

■ConoHa Wing ※実施中のキャンペーンも一緒に適用されます!
【5,000円割引】ConoHa Wing招待リンクはこちら

■エックスサーバー ※実施中のキャンペーンも一緒に適用されます!
【最大10,000円割引】エックスサーバーの招待リンクはこちら

【特典付】ConoHa Wing申し込み方法とWordPressブログの始め方まとめ【超初心者向け】
大人気のレンタルサーバーConoHa WingでのWordPressブログの始め...
【特典付】エックスサーバーの申し込み方法と使い方。WordPressを始める全手順も紹介
2024年版のエックスサーバーの契約・申込み方とWordPressを始める全手順...

コメント

タイトルとURLをコピーしました