Amazonアソシエイトのツールバーで「リンクの作成ができませんでした。再度お試しください」と表示される場合の対処方法

Amazonアソシエイト
記事内に広告が含まれています。

WordPressや無料ブログでAmazonアソシエイトのリンクが表示できないというコメントが時々きます。

  • Amazonアソシエイトのリンクが表示できない
  • 「リンクの作成ができませんでした。再度お試しください」と表示される
  • 「画像とテキスト」だけ表示できない

通常のテキストだけのリンクや画像のみのリンクは表示されるのですが、Amazonアソシエイトで作成した「画像とテキスト」のリンクだけが表示されないというケースもあるので原因と対処方法を紹介していきます。

著作者情報
このサイトの管理人

WEBエンジニア11年目。これまでに100を超えるサイトの立ち上げや運営に携わり、2017年に法人化。カスタマイズ、デザイン、ツール作成、サイト移転まで何でもこなします。

「リンクの作成ができませんでした。再度お試しください」と表示される原因と対策

Amazonアソシエイトのリンクアソシエイトツールバーを利用していると時々「リンクの作成ができませんでした。再度お試しください」と表示されて、アフィリエイトリンクを作成できない時があります。

↓こんな感じでリンクが生成されません。
リンクの作成ができませんでした。再度お試しください

対処方法1.表示するページURLを変更する

「リンクの作成ができませんでした。再度お試しください」と表示されたページで、共有ボタン⇒「リンクをコピーする」をクリック。

リンクの作成ができませんでしたの対処方法1

コピーしたリンクで新たにページを開き、そのページで再度リンク作成をする。

リンクの作成ができませんでしたの対処方法2

これでリンク作成できるようになります。

Twitterでアフィリエイトするならbotを使うと自動化できるのでおすすめです、

↓botで自動化した売上
Amazon成果

↓自動ツール(bot)の使い方はこちら↓
404 NOT FOUND | プロが教える始め方ナビ

対処方法2.Amazonアソシエイトのテキストリンク生成ツールを利用する

Amazonアソシエイトには元々リンク生成機能がありました。

現在はアソシエイトツールへ移行したのですが、テキストリンクの生成ツールは使うことができますが、短縮URLにはならないので、ブログ向けの対処です。

まずはAmazon.co.jp(アソシエイトではなくて買い物する方)へ移動します。

■Amazon ※ブックマークしておいてください。
https://www.amazon.co.jp/

紹介したいページを開き、ページのURLをコピーします。

Amazonリンク生成できない場合の対処方法1

コピーできたらAmazonアソシエイトに移動して管理画面の「商品リンク」⇒「テキストリンク」をクリック。

Amazonリンク生成できない場合の対処方法2

先程Amazon.co.jpでコピーした紹介したいページのURLとリンクに表示させたいテキストを入力して「HTMLを取得」をクリック。

Amazonリンク生成できない場合の対処方法3

アフィリエイトリンクが生成されるので、「HTMLを選択」でリンクをコピーしてブログなどに貼り付けたらOKです。

対処方法3.Rinkerやポチップ、カエレバなどの無料ツールでリンク生成する

アソシエイトツールバーが調子が悪い時でもRinkerやポチップ、カエレバなどは正常にリンク生成できます。

↓Rinkerで生成したリンク

どのツールも無料で使えますし、Amazon、楽天、Yahooショッピング、その他オリジナルのボタンも追加できますので取りこぼしがありません。

ということでまだ利用してない方は使ってみて下さい。

  • Amazonアソシエイトの審査に受かっている方はRinker・ポチップ
  • Amazonアソシエイトの審査に受かってない方はポチップ
  • WordPressではなくて無料ブログの方はカエレバ

を利用してください。

広告のコードがそのまま表示されているケース

ブログに貼り付けた広告コードがそのまま表示されているケースはコードの貼り付け方が間違っています。

Amazonアソシエイトリンクが貼れない原因1

↑画像のようにコードがそのまま表示されるのは貼り方が間違っているケースです。

それぞれのブログでやり方は違いますが、エディタをHTMLが編集できるエディタ(HTMLエディタ、タグ編集エディタ、テキストエディタなど)に切り替えてコードを貼り付けるとリンクが表示されます。

「画像とテキスト」リンクだけが表示されない場合はiframeタグが原因の場合がほとんど

他の広告リンクは表示されるのに、Amazonアソシエイトの「画像とテキスト」リンクだけが表示されない場合、原因としては「iframeタグ」が含まれるのが原因というのがほとんどです。

以下いくつかの原因と対策を紹介します。

対処方法1.アメブロの場合はiframeタグの利用が禁止されている

無料ブログ利用している方でアメブロを利用している方の場合ですが、ブログ内で禁止されているタグの中に「iframeタグ」があります。

アメブロの禁止タグは以下の通りです。

・html・head・body・frame・frameset・iframe・object・param・server・javascript・form・input・embed・textarea・script・meta・button・option(フリースペース、自己紹介のみ禁止)・title(自己紹介ではご利用になれます)
参考:アメブロの禁止タグについて教えてください|Amebaヘルプ

ということで、アメブロ内ではAmazonアソシエイトの「画像とテキスト」というリンクは使えませんので対処方法はありません。

対処方法2.WordPressブログの場合はプラグインや設定を確認

WordPressのプラグインは非常に便利なのですがトラブルの原因になる場合もあります。

Amazonのリンクが表示されないケースとしては

  • キャッシュ系のプラグインが原因
  • Lazy Load系のプラグインが原因

というケースが多いです。表示速度の高速化に関するプラグインですね。一度怪しいプラグインを一時的に停止して確認をしてみて下さい。

テーマによっては上記のような機能がテーマ自体に組み込まれているケースもありますので、「表示速度の高速化」などの設定項目があるば場合はそれらの設定を一時的にやめてみて反応を確認してみて下さい。

以上Amazonアソシエイトの広告リンクや「画像とテキスト」のリンクが表示されない原因と対策でした。

MEMO

Amazonアソシエイトは登録後、180日以内に3件の売り上げがないと審査通りません。

審査に長い時間がかかるため、Amazon商品は「もしもアフィリエイト経由」で紹介するのがおすすめ。

紹介料は同じですし、審査は数日以内、報酬の振込手数料は「もしも負担」という神対応です。

※もしもアフィリエイトの会員登録や利用はもちろん無料です

■もしもアフィリエイト
https://af.moshimo.com/

【図解】Amazonアソシエイトの会員登録方法まとめ
Amazonアソシエイトの会員登録のやり方から利用方法まで初心者向けに図解でまと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました