【PR】当サイトでは広告を掲載しています

口コミは悪い?ロリポップを利用してみて感じたメリットとデメリット

口コミの良かったロリポップを利用してみて感じたメリットとデメリット ロリポップ

今回はロリポップのメリット・デメリットについて紹介していきます。

私自身は2012年にロリポップ(当時のチカッパプラン)でWordPressを始め、現在もサブサイトの運用でお世話になっております。

エックスサーバー、ConoHa Wing、mixhost、スターサーバーなど他のレンタルサーバーなども使ってきてますので、他のサーバーとの違いについても解説していきます。

■ロリポップ ※契約期間3ヶ月延長特典あり
https://lolipop.jp/

著作者情報
この記事を書いた人

WEBエンジニア11年目。これまでに100を超えるサイトの立ち上げや運営に携わり、2017年に法人化。カスタマイズ、ツール作成、サイト移転まで何でもこなすエキスパート。

ロリポップのメリット

ロリポップのメリットとして感じているのは以下です。

1.料金がとにかく安い

ロリポップのメリットと言えば料金の安さです。

他のレンタルサーバーがキャンペーン価格になっていてもロリポップは通常価格でもっと安いです。

特に2年目以降(1年契約の場合)の料金を比較してみればランニングコストが断然安いのが分かります

ロリポップ
ライトプラン
ロリポップ
ハイスピード
エックスサーバー
スタンダード
ConoHa Wing
Wingパック
初期費用無料無料無料無料
3ヶ月495円1,320円1,320円1,331円
6ヶ月462円1,210円1,210円1,210円
12ヶ月418円990円880円941円
24ヶ月352円935円783円889円
36ヶ月220 円550円693円678円
2年目以降の月額
(1年契約した場合)
418円990円1,100円1,452円
キャンペーン■ライト
契約期間を最大3ヶ月分延長キャンペーンを見る
■ハイスピード
契約期間を最大3ヶ月分延長キャンペーンを見る
■エックスサーバー
最大30%OFFキャンペーンを見る
■ConoHa Wing
最大53%OFFキャンペーンを見る
上位プランへのプラン変更が可能なので、まずは安いライトプランでWordPressを始め、集客できるようになったらプラン変更という作成がおすすめです

※エコノミープランはデータベースがないため、WordPressは利用できません。注意。

2.初心者向けのマニュアルが充実していて、利用者も多い

ロリポップとエックスサーバーは利用者(国内シェア)が多いレンタルサーバーです。

「hostadvice」のデータを見てもエックスサーバーとロリポップのシェアがNO.1とNO.2です

ウェブホスティングのマーケットシェア
引用:2022年の日本でのウェブホスティングのマーケットシェア

利用者が多いため、困ったことやエラーが出た場合の対処など検索で解決することがほとんどです。

また、ロリポップは初心者向けのマニュアルが充実しています。

↓ロリポップのマニュアル↓

ロリポップマニュアル

ということで、初心者向けのレンタルサーバーとしてもおすすめです。

3.ハイスピードプランはLiteSpeedを採用しており表示速度が高速

サイトの表示速度やレスポンスに関係してくる要因の1つがサーバーソフトウェアです。

サーバーのソフトウェアとして基本的なやつが「Apache」というものです。

Apacheが処理しきれない同時の大量アクセスを処理できるようなWebサーバーを作ろうと開発されたのが「nginx(エンジンエックス)」です

「nginx(エンジンエックス)」を採用しているのが「エックスサーバー」や「ConoHa Wing」。

「nginx(エンジンエックス)」とは、大量の同時アクセスの処理に最適化され、静的コンテンツの配信に特化したWebサーバーです。突発的にPC・スマートフォンなどからアクセスが集中した場合でも高速かつ安定したWebサイトの運営が可能です。

Apacheでは、ユーザーからのリクエストを順次処理するため、リクエストの待ちが発生する場合がありますが、nginxでは大量のリクエストを同時並行で処理が可能です。

参考:エックスサーバー

エックスサーバーnginx

最近はApacheやnginxからさらに進化した「LiteSpeed(ライトスピード)」というのも登場し「第四のWebサーバー」と言われてます。

という事でサーバーの表示速度やレスポンス的にはApache < nginx < LiteSpeedという感じでイメージしてもらってOKです

ロリポップのサーバーは「Apache」を採用してますが、「ハイスピードプラン
」は一番最速の「LiteSpeed」を採用しているので超高速です。

また、LiteSpeedのプランだけ利用できる「LiteSpeed Cache」というWordPressプラグインを有効化することでページの読み込み時間を大幅に短縮し、サイトをさらに高速化できます。

LiteSpeedキャッシュ

ということで高速なサーバーを利用したいなら「ロリポップ!のハイスピードプラン」がおすすめです。

4.ハイスピードプランなら永久無料の独自ドメインを1つもらえる

ハイスピードプラン12ヶ月以上の契約だと永久無料の独自ドメインが1つもらえます。

ロリポップドメイン無料

独自ドメインというのは取得時だけでなく、更新時も更新費用がかかります(毎年)。

↓取得費と更新費
ドメイン取得費用
参考:ムームードメイン

上記図で言えば.comだと取得費用750円ですが、翌年の更新費用は1,728円となり、3年目も4年目もずっと1,728円ずつ費用が必要になります。

ということで、「永久無料のドメイン」というのは長期で利用すればするほどお得になります

2023年現在、国内電気料金高騰、為替変動などでドメインの価格も上がってきていますので、永久無料の独自ドメインがあれば毎年のドメイン費用を抑えることができます。

ロリポップ!ドメインずっと無料キャンペーンを見る

ロリポップを利用してみて感じたデメリット

先にデメリットから紹介していきます。

1.vCPUやメモリなどのサーバースペックが非公開

vCPUやメモリはサーバーの処理速度に直結し、数値が高いほどハイスペックです。

ロリポップはこのサーバーの性能部分であるvCPUやメモリが非公開となっています

vCPUやメモリを公開しているエックスサーバーと比較した表が以下です。

vCPU/メモリ割り当て
vCPU/メモリ
エックスサーバーAMD EPYC(第4世代Milan)
vCPU256コア/1536GB
6コア/8GB
※リソース保証
ロリポップ非公開非公開

通常のレンタルサーバー(共用サーバー)では、1つのサーバーを複数人で利用するため、他ユーザーの影響(負荷)を受けることがあります。

上記表にもあるように割当てられた「vCPU」と「メモリ」があり、エックスサーバーの場合はリソース保証となっています

「リソース保証」とはアカウントに対して最低保証されるCPU・メモリ量です。

エックスサーバーの場合はリソース保証で6コア/8GBとなっていますので、他ユーザーの影響を受けることなく、安定的なサイト表示速度を維持することが可能です

リソース保証

もちろんロリポップのハイスピードプランなどは高速なプランですが、前述したように他ユーザーの影響(負荷)を受ける可能性もありますので、高速で安定した運営をしたいという場合は「エックスサーバー」も検討してみてください。

ちなみに当サイトからエックスサーバーへ申込みすると最大10,000円割引が適用されます。実施中のキャンペーンも一緒に適用されるので断然お得です。
最大10,000円割引特典あり
当サイトからの申込みがお得!

2.アダルトサイトの運営はできない

ロリポップではアダルト、性風俗に関するコンテンツ出会い系サイトなどすべて禁止となっています。

ロリポップ禁止コンテンツ
参考:禁止事項|ロリポップ

アダルト関連の画像や動画はもちろん、アダルトや出会い系関連の広告を利用するかも?という方は最初からアダルトコンテンツOKなレンタルサーバーを選ぶ必要があります。

安くておすすめ!アダルトサイトも運営できるレンタルサーバー
レンタルサーバーの利用規約によってアダルトコンテンツが禁止されているサーバーが多...

3.セキュリティー機能のWAF(ファイアーウォール)がエラーを誘発し、使いにくいことがある

WAFは簡単にいうとセキュリティーのバリアみたいなものですが、これの判定が厳しくて時々正常なものもブロックしてしまうというイメージでOKです。

例えばプラグインの設定、テーマの設定などでエラーがでる場合に一時的にWAFの解除が必要になる場合があります

対処方法としてはロリポップのユーザー専用ページから「セキュリティー」⇒「WAF設定」を無効化、設定完了後に再度WAFを有効化という手順です。

※WAFの設定反映には5分程度かかります。

4.土日や祝日のサポート

ロリポップのサポートはメール、チャット、電話サポート(ハイスピードプラン以上)があります。

ロリポップサポート種類

チャットや電話サポートは平日の決まった時間のみの受付になりますし、時間帯によっては繋がりにくいこともあります。

土日や祝日のサポートについてはメールのサポートがありますが、返信に比較的時間がかかることが多かったです

実際に質問のメール後の画面では、返信は48時間以内、ただし返事が遅れる場合ありと書かれています。

ロリポップメールサポート

いただいたお問合せにつきましては、48時間以内にお返事を差し上げております。
ただし、調査にお時間を要する場合、多くのお問合せをいただいている場合は、お返事がおくれることがございます。予めご了承ください。

サポートに定評のあるエックスサーバーの場合は土日祝日関係なく24時間以内に返信がきますし、返信されてくる内容も的確です

↓エックスサーバーのサポート↓

エックスサーバーサポート

以上ロリポップを利用してみて感じたメリットとデメリットでした。

ロリポップには無料期間が10日間あります。本契約しない限り10日後には「自動的に解約」になります。勝手に自動更新されたりはしないのでまずはお試し期間だけ使ってみてください。
無料お試し10日間あり

■比較記事

【図解】ロリポップの申し込み・契約方法【超初心者向け】
レンタルサーバー「ロリポップ」の契約・申し込み方法から使い方をまとめたページです...
【特典付】エックスサーバーの申し込み方法と使い方。WordPressを始める全手順も紹介
2024年版のエックスサーバーの契約・申込み方とWordPressを始める全手順...

コメント

タイトルとURLをコピーしました